屋根リフォームの体験談を紹介します・大阪編

これは築30年を超えた実家の話です。
屋根は瓦屋根でしたが不具合も無かったため、リフォームの事など全く考えていませんでした。
しかし「東日本大震災」がきっかけけでリフォームをせざるを得なくなったのです。
あの地震で瓦が落ちただけではなく、数枚重なった2階の棟瓦の塊が1階の屋根を直撃し大穴を空けてしまいました。そのため雨が降ると水が流れ込んでしまい天井はずぶ濡れ、漫画の様にバケツを置いて対処する状態になってしまったのです。しかも配電盤が近くにあったので、ショートして火事を起こす危険性もありました。
これは部分修理で何とかなるというレベルではなかったので、屋根のリフォームをしようという結論になったのです。
次に問題になったのが「どこの業者にお願いするか」という事です。
当時は震災から1ヶ月半程しか経っておらず、被災地の家の被害はほとんどが放置状態でした。しかも今まで細かい修繕をお願いしていた業者も被害が大きく、頼むわけにはいかなかったので、どうしようかと悩んでいました。
そんな時、近所の方がご贔屓にしていた業者を紹介してくれました。
そこは隣の団地にあるリフォーム会社で、代表も若くテキパキとした方でした。ご贔屓の紹介という事もあってか親身になって相談に乗っていただきました。
とても大変な時期で部材も調達し難い状況であったにも関わらず、在庫のあるものから最適な物を選択、見積もりまでを迅速に行ってくれたのです。
初めての業者でしたが、この真摯な対応に感服してお願いすることにしました。
リフォーム会社が決定してからは、非常にスピーディーに進行しました。
幸い足場を組むエリアには被害がなかった事もあり、あっという間に組み上がりました。その足場に何度か頭をぶつけましたけどね。(笑)
このリフォームで瓦屋根からガルバリウムに変更したのですが、瓦を剥がすのは結構大変だったようでした。1階と2階をを合わせると恐らく1000枚近くあり、それを屋根から剥がして下に下ろすのですから当然ですね。
しかしそれが終わればスムーズに工事は進み、スケジュール通りにリフォームは完了しました。
仕上がりは素晴らしく、瓦の重さがなくなったことで家全体の負担もなくなり地震が来ても大きく揺れなくなったので、今までよりも安心して暮らせるようになりました。

ただ、弱点としては「雨音が大きくなった事」と「夏に屋根の反射熱が増えた事」でしょうか。
まぁ、今ではあまり気にならなくなりましたけど。

大阪ナビ

大阪での一番の繁華街は、梅田です。梅田は、大阪だけでなく西日本最大級の繁華街ですのでお店の数や人の数がとても多いです。そして、梅田周辺には西日本一の飲み屋街でもある北新地があります。北新地は、一般の方だけでなく有名芸能人や有名スポーツ選手などたくさんの方が遊びにこられる街でもあります。また梅田では鉄道が多く走っていますのでミナミなどにも簡単に行くことができます。そして、梅田の鉄道は大阪でも一番の鉄道利用者が多いことでも知られています。

 

大阪のビジネス街は、淀屋橋です。大阪で最大のビジネス街は淀屋橋と思っています。その理由として、たくさんの企業が淀屋橋に集結をしています。さらには、淀屋橋には大阪市役所もあります。淀屋橋は、ビジネス街ということもあり淀屋橋駅周辺にはたくさんの飲食店もあります。実際に淀屋橋駅周辺の飲食店に何度か行ったことがありますがお昼時は、お客さんのほとんどがサラリーマンでした。淀屋橋は、ビジネス街ということもあり街並みはとてもキレイです。

 

大阪での住宅街と言えば、箕面です。箕面は高級住宅街で知られています。大阪の方に高級住宅街はどこ?と質問をするとほとんどの方が箕面と答えます。それくらい高級で治安の良い街とされています。箕面には、某有名芸能人も住んでいることでも有名です。そして、箕面の最大のおすすめポイントが箕面の滝です。大阪の方なら一度は行ったことがあると思います。箕面の滝は、観光地でも有名ですのでぜひ行ってみてください。箕面は、お金持ちの方が多いのでほかの街よりも上品で静かです。

更新履歴